クリニークデュボワの美容聖心メンタル科は身体醜形障害、美容整形セカンドオピニオンなど外見・美容の悩みや生きる悩みなどにお応えする心療内科です。

クリニークデュボワの心療内科・美容精神科・形成外科
美容整心メンタル科の理念

美容整心メンタル科の理念について

美容整心メンタル科は、従来の精神医学の概念にない新しい美容精神医学と整心精神医学の概念を提唱し実践する精神科です。

病気の真の快復とは、心身の恒常性の回復であり、そのために身体の「恒常性(ホメオスターシス)」・「自然治癒力」、こころの「レジリエンス(抗病力)」を高めるのが治療の基本であると考えています。多くの病気は実は対症療法しか方法がなく、症状を緩和しながら自然に治るのを待つしかありません。根本治療が可能な例外的な感染症でも、抗生物質が発見されるまでは、自然治癒力に頼るしかなかったのです。自然治癒力は免疫力に深く関係します。これは心身相関、心身一体の考えから、心の病気やこころの悩み、歪みにもあてはまります。

美容・整心精神医学は、中嶋が創出した自律統合性機能AIFという新しい理論に基づいた自然観で心・身の健康をとらえ、従来の薬物などの対療法的ではない医療として拓いた新しい精神医学の概念です。こころへの働きかけは、こころの持つストレスや逆境をはじき返し、乗り越える力であるレジリエンス(精神的回復力)を強化しなければなりません。そのために、マインドフルネスレジリエンス療法と生活・食事療法を同時に行い、自律神経を副交感神経優位に導き、免疫力を強めるようにし、心と身体の健康をより高め、喜びにあふれた美しいライフスタイルを手に入れていただくことを目指しています。

 

自律統合性機能主義AIFについて

『美容精神医学』とは…

ここでいう「美容」とは、外観の美のみならず、「心身がより健康で、幸福感に溢れ、さらに意欲的で超健康な精神の状態、ライフスタイル」を意味します。
生活に直接的に大きく支障をきたしているわけではないが、生きることに悩み、生活に心理的に適応できず、日常生活の質を下げているこころの状態を扱い、こころに平衡を取り戻し、こころを健康的で美しい状態にし、前向きにポジティブな生き方を目指す、いわばこころの美容をはかる精神医学です。

対象は、基本的に生活のストレス・逆境による悩みはすべて対象になりますが、特に思春期・青年期のモラトリアム・アパシー、思秋期・向老期の退職・引退に伴うアイデンティティの喪失、伴侶や友人との死別などから来る喪失感や孤独、老年晩期の人生の終焉に向かう不安と怖れなどについては、心の支えになるようなケアを行います。
また、美容形成の悩みのご相談、セカンドオピニオンにも対応いたします。

『整心精神医学』とは…

一般精神医学が対象とするような精神疾患・障害には相当しないが、「こころが原因で生きることにつまずいて、生活に支障をきたしているこころの状態」を科学的な視点で問題解決に導き、生活機能の回復を目指す精神医学を言います。

整心精神医学が対象にするものは、「生きることにつまずいているこころの状態」であり、放置すれば転倒し、深刻な病気になりかねない場合もあります。不登校・引きこもり、家庭内暴力、行為障害などの思春期失調症候群や、精神障害との境界領域と考えられる身体醜形障害、摂食障害、気分変調症、慢性うつ、パーソナリティ障害、自律神経失調症などが対象です。

美容精神医学・整心精神医学について詳しくは

ご予約・お問い合わせ

身体醜形障害パーソナリティ障害不登校・リストカット・摂食障害など思春期失調外見・美容の悩み、美容整形セカンドオピニオン生きる悩み
その他の心の悩みなど、まずはお気軽にご相談ください。