クリニークデュボワの美容整心メンタル科は身体醜形障害、美容整形セカンドオピニオンなど外見・美容の悩みや生きる悩みなどにお応えする心療内科です。

クリニークデュボワの心療内科・美容精神科・形成外科
美容整心メンタルこころの研究室

美容整心精神医学Cosmetic Orthopsychiatry:COPの概念

 先に「整心精神医学Orthopsychiatry」の概念を示したが、そのなかで、対象領域を外観の障害、美容の悩みに特化して「精神科学」と「形成・美容外科学」の両者が連携してアプローチする医学を「美容整心精神医学Cosmetic Orthopsychiatry」として提案した。
その中で、外観の障害、あるいは外観の美の拘りのために社会機能が低下、障害されている人を対象とするものとしたが、学問的には、もう少し広義にとらえて、文字通り、外観、美容が整心(心の安定性、向上性)に及ぼす影響、あるいは整心が外観、美容に及ぼす影響を研究する新しい学問分野とする。

 外観の障害の心理は、精神分析的に考察すると、いわゆる「対象喪失」の概念で考えると理解しやすく、また、「外観や美へのこだわり」はリビドー(性的な欲望、性本能)あるいは自己愛に端を発すると理解すると、形成外科、美容医療における患者心理を理解しやすいと思う。

本来普通にあるべき外観の状態が生来的に得られていないという場合(先天性変形)や、
外傷や病気により外観に障害を残した場合(後天性変形)、
あるいは加齢によって若い時にあった美しい容貌を失っていくというような場合(老人性変形)の喪失体験は、「対象喪失」の中の「身体的自己の喪失」に相当するだろう。

 対象喪失体験は、失った対象に対する思慕の情、悔やみ、恨み、自責、仇討の心理を始め、愛憎のアンビバレンツを再体験する悲哀の心理過程(フロイトの言う「悲哀の仕事」)を経て初めて自我は新しい自由を見つけ、心の平安を獲得して行く。

 外観障害は上記のそれぞれの場合で成立過程も異なるから、悲哀の心理過程も異なるが、いずれにしろ美容整心精神医学は、良き伴侶となって悲哀の仕事にかかわり、そのプロセスが滞りなく完結し、心の平安を得て社会復帰が出来るよう手助けをするのを目的とする。

先天的な外観障害では、思春期、青年期になって、自我意識が目覚めるにつれてハンディキャップのある自分に気付き、それらを克服して社会に適応しなければならない人生が始まる。劣等感コンプレックスとその補償の自我心理機制が生じ、また、喪失の悲しみ、恨み,他者を責める気持ちなど対象喪失の悲哀の仕事とのかかわり合いの中で、その人の人間的成長が決まってくる。
この場合は、対象喪失を成長の過程で徐々に認識しているので、急性的な情緒危機はもたらさないが、喪失していない,健常な外観の体験を持たないので、理想化した喪失対象を描きやすく、形成外科手術に満足しにくい心理傾向がある。
また「恨みと報復」の心理を背景に、相手不詳の報復の原理に支配されており、悲哀の仕事の中で、大きな援助者として期待された形成外科医は、手術の結果で満足させられないと、失望から報復の対象にさせられる場合が少なくない。

外傷や病気による後天的な外観の喪失は、多くは自我意識の成長後に突然生じることが多いので、絶望的な急性情緒危機として「悲嘆grief」を経験する。
時間を経て悲哀の仕事に入るが、悲哀の心理過程は乳児のように「抗議と不安」「絶望と悲嘆」「離脱」の原初的な経過を取り、その苦痛は大きい。
しかし、苦痛に対する躁的防衛で、勉学や仕事に集中して社会的に成功し、自我の昇華を果たすこともある。(これは先天性の場合も同様である。)
対象喪失以前の状態を知っている為、喪失の理想化は少なく、形成外科手術の結果を受け入れやすい傾向がある。

 加齢による対象(若さ、美貌)喪失では、まず、失うのではないかという喪失予期の時期があり、やがて失っても、対象への執着が続き、物的現実性と心的現実性が乖離し、心の中では喪失を受け入れないプロセスが続く。次いで現実を受け入れる「対象を失った部分given up-part」と、即には現実を受け入れられない「対象を失っていく部分giving up-part」の二つの心理が交錯する状態になるが、やがて「断念と受容」の心境に達し、悲哀の仕事は完結される
 しかしこの悲哀の仕事は、対象となる「美への執着」が自己愛レベルではなくリビドー(性的な欲望,性本能)の要素を持つ人もいて、そのような場合は、関心の方向転換が難しく、中断しやすい。
 従って悲哀の仕事が頓挫して、神経症的、抑うつ的な精神状態として問題を残してしまうことが少なくない。このプロセスでは美容医療は有効な手段となりうるが、両刃の剣であることの認識は重要であり、美容整心精神医学との連携が望ましい。

 形成、美容医療を希望する患者の心理は、フロイトの「対象喪失と悲哀の仕事」の中で理解しやすいし、患者の治療法の決定に当たっては、患者が「リビド-型」か「自己愛型」かを見極めていけば、大きく誤ることはないだろう。
 従って、形成、美容医療にとって精神医学との連携は有益であり、そこに美容整心精神医学の成り立つ基盤があるものと考えている。

 心身の健康さは美しさの基盤であることに誰も異論のないところであろう。
恋をしている女性は輝いて美しいし、ストレスを抱えて抑うつ的な人は美しさを損なう。
美しさを単に生物学的な視点から見るのではなく、心理的な側面から見るのも意味があると考える。それはよく言われる観念論ではなく、美しさの認識(自覚)は、心理的要素が強く、逆に言えば心理的サポートは外観にかかわる形成、美容医療の治療効果を上げる意味でも有用と考えるからである。

美容整心精神医学は、形成、美容医療の持つポジティブな要素を、どのように生かし精神的、社会的な生活に役立てるかを、精神分析的、精神免疫学的、心理社会学的に研究するものでもある。

 さらに美容整心精神医学の「美容」の意味するところは、外観美容の他に、現在のこころの健康状態をさらに高め、向上的で洗練された、幸福感の強いライフスタイルの獲得を目指す意味合いも含んでいる。(super healthy and beautiful life )

従って美容整心精神医学の定義としては、
『外観、美容が整心(心の安定、向上性)に及ぼす影響、整心が外観、美容に及ぼす影響を精神分析学的、精神神経免疫学的、心理社会学的に研究することで、美容医療の医学的に正しい運用を促進し、心理面から美容医療の有効性を高め、かつ現在のこころの健康状態をさらに高め、向上的で洗練された、幸福感の強いライフスタイルの獲得を目指す。
 臨床的には、「外観、特にその美へのこだわり」で社会機能を損ねている(うまく社会生活が送れない)人や霊性領域(生きる意味、価値などの生の根源に関わる、精神の上部構造)の不調和によって『生活に躓いている』人に対して、精神医学と形成美容医学が連携して、精神的、霊的に健康な社会生活への復帰を目指す医学。』となろう。

 外観、つまり顔、ボディイメージに悩む精神障害は身体醜形障害、強迫性障害、不安障害、抑うつ性障害、双極性障害、統合失調症スぺクトラム、パーソナリティ障害等多岐にわたるが、COPでは明白に精神障害に分類されるものは基本的には含まず、かといって精神、心が全くの正常、健康とは言えない境界領域(生活に何らかの障害が生じている)を扱う。
 精神波のリズム振動が、正調ではないが、不可逆的なほど、大きくは失調していない状態を想定する。