クリニークデュボワの美容整心メンタル科は身体醜形障害、美容整形セカンドオピニオンなど外見・美容の悩みや生きる悩みなどにお応えする心療内科です。

クリニークデュボワの心療内科・美容精神科・形成外科
美容整心メンタルこころの研究室

「整心精神医学Orthopsychiatry」の概念

 量子論は、物質的世界は決定論的な因果律は成立しないことを示したが、分子生物学、脳科学によっても人間の生物学的な根源的なところでは、常に偶然性に依って決定されるということが明らかになってきた。
つまり、現代の科学は生命、精神、物質からなる全宇宙が偶然の結果でしかないことを教えるが、ミクロからマクロまでの自然現象、生命現象、精神現象には、何か超越的な存在の差配としか思えない現象が多い。

 我々は、科学が教える曖昧性、不確かな偶然性の中にも、個の内的世界から宇宙全体の中心軸となり、生命、精神、社会、自然、宇宙の調和を図る超越的な、規範となる存在を想定し、自律統合性Autonomous Integrityの概念を創案した。そして、それは自律統合性機能Autonomous Integrity Function:AIF によって作用するとした。

 また、量子論や脳科学、科学哲学から精神医学、心理学,生物心理学、精神生物学にわたる考察から、あらゆる物質が「物質波material wave]を持つように、精神にも波動性があり「精神波psychic wave」の存在を想定するのが妥当であると考えるに至った。

 この二つの新しい概念から、人の健康を次のように説明する。

 心身の健康状態とは、身体波(物質波)と精神波のリズム振動が正調であり、共振していることを意味し、そのリズム振動を指揮、統合するのが、(ヒトの内的世界から、身体をはじめ宇宙万物の調和をはかる)自律統合性機能AIFであり、AIFが機能不全になると、身体波、精神波のリズム振動が失調し、健康を損ない、やがては病的状態になると理解する.

AIFは、「神経系」、「内分泌系」、「免疫系」に「精神(こころ)」の4つの系が相互に非線形的に影響しあい、自律統合性Autonomous Integrityのバランスをとり、生体の「自己調整能と自然治癒能」を発揮させる機序ともいうことが出来る。
 

それらは、生体においては、ベルナール、キャノンの「恒常性ホメオスターシス」の概念からヒポクラテス、ガレヌスに始まる「自然治癒能」と言われているものに相当し、精神においては昨今、「レジリアンス」と言われているものの概念が近いものと考える。
 

 そして、AIFの作用機序としては、主として内分泌系、自律神経系を経由して、「免疫系」を介して作用し、自律統合性の調和を図るものと考えている。

 自律統合性機能AIFの機能不全で、物質波、精神波のリズム振動、共振が失調すると健康状態を逸失するが、その状態を自然回復可能な領域reversible territoryと医学的支援なしでは回復不能な領域irreversible territoryに便宜的に分けると、前者の段階は病気未満の様態と言え、前者が後者に移行した様態が病的状態といえる。

前者の、つまり正常から病気未満の領域で、主として身体的な健康を扱うのが、美容医学、抗加齢医学であるとすれば、同領域の、主として精神的な健康を扱う医学があっても良いのではないか、と考えるに至った。
 

 そこで、精神波の波動のリズムが先行的に失調し、精神障害の範疇までには至らないが、精神的、霊的に健康的な生活に支障が生ずる「こころの領域」を扱う医学として「整心精神医学Orthopsychiatryの概念を提案したいと思う。

 「整心」の意味するところは、心のバランスを失った精神状態を整え復調することであり、語源は整容、整体に倣った。

 美容医学が異常とはいえない外観に、より美しい外観を追求するように、

 整心精神医学は、医学的には正常域の精神状態を、より健康的で、前向きな生き方を目指す精神状態(beautiful mindと仮称)の獲得を目指す、いわゆる60年代に米国で起きたスーパーヘルスの概念(単に病気にかかっていないということ以上に、積極的に健康について考え、洗練された生き方、暮らし方を求める運動)に近いものであり、そのような臨床領域を拓くものでもある。

 「整心精神医学」のもう一つの目的は、生きづらい精神環境を生き易い精神環境にする、いわゆる霊的な健康に通じる精神状態を回復することである

 そのような臨床モデルは、具体的には、外観、美容に関する強いこだわりの身体醜形障害や自傷、摂食障害に関連する形で現れやすい。

 また、整心精神医学は、「健康」を全体論的(holistic)な心身相関として捉える精神神経免疫学的なアプローチで研究することでもある。

 整心精神医学の対象となるものは、DSM-5が「苦痛や能力低下をもたらす認知機能、感情鈍麻、行動の異常による症候群」と定義した精神障害ではなく、かといって、健康な生活を送るには支障のあるような病気未満の精神状態を基本的に扱う。それは精神障害のスぺクトラムで正常との境界領域から精神の霊性領域の不調和が対象になる。
 具体的には気分変調症、気分循環症、失調型人格障害、境界型人格障害、身体醜形障害、自傷、摂食障害に類し、その周辺にあるものなどが、これにあたる。

 なかでも、「外観、特にその美へのこだわり」が強く、社会機能を損ねている(社会生活がスムースに送れない)が、精神障害(症)に該当しない人に、どのように対処して外観のこだわりと社会機能の両立を図るかを扱う医学として、精神医学と形成美容外科学の両者が連携してアプローチする医学を「美容整心精神医学Cosmetic Orthopsychiatry」として提案したいと思う。これは整心精神医学の一分野として位置付ける。

 その実際については次回以降に具体的に述べる予定である。