美容整心メンタル科では、「身体醜形障害」、「美容整形のセカンドオピニオン、依存」など心の在り方と外見の悩みの関連性を考える精神美容形成外科と「思春期失調症候群、生きづらさに苦しむ悩み」などを解決する美容整心精神科を対面・遠隔診療で行います。

千代田区内幸町の精神美容形成外科・整心精神科・美容精神科

遠隔診療(オンライン診療)をはじめました
遠隔診療(オンライン診療)をはじめました

美容整心メンタル科とは

美容整心メンタル科では、これまでの精神医学を超えた美容整心精神医学から生まれた、
精神美容形成外科整心精神科、美容精神科を主として扱っています。

外見・容姿の悩みの 精神美容形成外科

自他の容姿・外観をどのように認識するかは、心の状態や物事の考え方、解釈の仕方が大きくかかわっています。幸せな心弾むような体験をしたり、ファッションや髪形やメイクが決まったと思える時は,いつもの自分よりも可愛く思えポジティブになれます。逆に気分が不安定で、ストレスで気分が沈んだときは、、生気がなく可愛く思えなくなりネガティブ思考になりがちです。
精神美容形成外科は、心の在り方(考え方、解釈の仕方)と外見の美醜へのこだわりとの関連性や、それがものごとの見方や生き方にどのように影響しているかを探求し、外見の悩みを抱える人たちの心のケアを行い、あるいは美容・形成外科手術に対する心配や不安の心のケアする精神科領域です。美容整形が一般化した今日の時代にそのような専門家が必要であろうと考え、私は30年以上の形成外科医としての経験を踏まえて精神医学を学ぶことで「精神美容形成外科」を立ち上げ、10年が経過しました。
それは、ちょうど、心が免疫機能に及ぼす影響を研究する精神免疫学があり、がん患者の精神神的ケアをする精神腫瘍科があるのと同じように考えてのことでした。
精神美容形成外科では、精神心理学的アプローチで悩みの内(心)的原因を探り、独自の「マインドフルネスレジリエンス強化療法:MBRST」と「レジリエント食事・生活療法:RDLT」によって、生活のリズムを整え、レジリエンス(坑病力、逆境力、精神の免疫力)を強化し、考え方や生き方を変えることを基本として治療を行っていきます。また長年の形成外科医としての経験から、必要に応じて時には、美容形成外科手術の適切なアドバイスを行い、形そのものの問題も解決し、より健康的で前向きな生活を目指します。

特に「身体醜形障害」の疑いのある患者さんには、不安症やうつやパーソナリティ障害、妄想性障害、初期統合失調症等との鑑別診断を行い、患者さんのレジリエンスの強さを見て、美容整形手術依存症に移行しないか慎重に判断して行きます。マインドフルネスレジリエンス強化療法(MBRST法)とレジリエント食事・生活療法(RDLT法)を行うことでレジリエンスが強くなり、身体醜形症状が緩解し、美容形成手術が「本人の立ち直りのきっかけとなり、将来の生活の質の向上に寄与する」と判断できた時には、最も信頼できる適正な美容形成外科医師、施設を紹介することもあります。そのような場合でも術後のメンタルケアは必須と考えており、基本的に紹介先美容形成外科医と連携し、当科の管理下で手術を行うことで、手術の効果を確実なものにしています。

また当科では、普通の女性が美容整形手術を受けるにあたって注意すべきことや、手術法や美容整形外科医の選択に迷ったときには、適切なアドバイスや紹介することも出来ます。美容整形手術をお考えの方は、手術法や執刀医を決めてしまう前の受診をお勧めします。

心の病の未病段階の 整心精神科

整心精神科は、一般精神科が対象とするような心の病気の状態には該当しないが、こころと身体のバランスを失いかけた未病の段階で心身を健康状態に戻すことを目的とし、従来の精神医学では、はっきりとした診断病名が付かなかったり、ついても効果的な治療法がないような、「生育上の問題やストレス・逆境から来る悩み」や「生きることや自分の存在自体が肯定できない悩み」、「こころが原因で生きることにつまずいて、生活に支障をきたしている」ような方たちが対象になります。
不登校、引きこもり、摂食症、リストカット、DVなどの問題行動や身体醜形障害、心身症、自律神経失調症、気分変調症、パーソナリティ障害などが対象になります。

生きがいを求める 美容精神科

ここで言う「美容」とは、外見の美のことではなく、「心身がより健康で、向上性に富んだ超健康的な心身の状態」をいいます。美容精神科は、健康的な範疇の心身の状態を、さらに上の状態にもっていく、つまり、生活に大きく支障をきたしているわけではないが、生きがいに悩んだり、生活にしっくり適応できていない人たちを、常に自己肯定感を失わずに、ポジティブで向上的な充実した幸福感にあふれた生活を目指す精神医学のことを言います。思春期の「様々な失調」や青年期の「モラトリアム、アパシー」、思秋期・向老期の「燃え尽き、喪失感や孤独感の悩み」、老年晩期の「人生の統合性、死への孤独感、恐れ、不安」などの悩みなどが対象になります。

  • 外見・美容の悩み
  • 身体醜形障害
  • 美容整形依存症とセカンドオピニオン
  • パーソナリティ障害
  • 老年期の悩み
  • 気分変調症
  • 思秋期症候群
  • 自律神経失調症
  • モラトリアム・アパシー
  • 思春期失調症候群
    • リストカット
    • 不登校・ひきこもり
    • 摂食障害
    • 行為障害・家庭内暴力
  • 慢性うつ

美容整心メンタル科の診療範囲について

  • 一般精神科
    精神医学分類における、器質性、症状性精神障害(認知症,てんかん等)、物質関連障害ぼ(薬物、アルコール依存)内因性精神障害(統合失調症、双極性障害、うつ病など)の範疇に入るものは原則として診療範囲対象外です。神経症性障害の範疇に入る心因反応、不安障害(パニック、恐怖症、強迫症、PTSD)、解離性(転換性)障害、身体表現性障害、心身症、自律神経失調症は診療いたします。特に身体醜形障害、気分変調症、パーナソナリティ障害、不安症などは、これまでに多くの患者さまを診療し、従来法にない効果を上げてきています。
    原則として精神心理療法 (MBRST法)と生活療法 (RDLT)の2本柱で治療しますが、必要な場合に応じては保険適応のある薬物療法を併用することもあります。
  • 整心精神科
    深刻な精神疾患とは思えないが、明らかに健康的な精神生活に支障をきたし病気と健康との境界領域のような症状をきたしている方で、従来の精神科治療が有効でないと思われる方が対象になります。身体醜形障害、不登校、引きこもり、摂食障害、リストカットなど自傷行為、家庭内暴力、不適当行為、パーソナリティ障害、気分変調症、自律神経失調症などが該当します。
  • 美容精神科
    普通の健康範囲内の生活は維持できているが、「生きがいを見失わない自己肯定感を持って、もっとポジティブに前向きに生きたい」と思い悩んでいる方が対象になります。
    思春期、青年期のモラトリアム・アパシー、定年前後の思秋期、向老期の燃えつき、倦怠、喪失感、孤独感、老年期の孤独感、死へに不安恐怖感などが該当します。
  • 精神美容形成外科
    容貌や外見のことで悩む人の心のケアと美容整形、形成外科手術のアドバイスやセカンドオピニオンにお応えします。身体醜形障害であるかの鑑別診断を中心に、美容整形依存にならないためのカウンセリングをします。美容整形手術をお考えの方は、手術法や担当医を決めてしまう前の受診をお勧めします。