クリニークデュボワの美容聖心メンタル科は身体醜形障害、美容整形セカンドオピニオンなど外見・美容の悩みや生きる悩みなどにお応えする心療内科です。

クリニークデュボワの心療内科・美容精神科・形成外科
美容整形のセカンドオピニオン
美容整形を失敗しないために
適切な美容外科医の紹介、美容外科医への賢い対処法

美容整形の手術を受けて満足する結果を得ることは、それほど簡単なことではありません。
十分納得して手術を受けられなかったり、結果が予想と違っていることも少なくないからです。もちろん技術的に未熟な医師による不具合の場合もありますが、医学的に過誤を証明するのが難しいことが問題になります。

美容整形のセカンドオピニオン

自分に合った手術法と医師の選択

自分の希望をかなえる適切な手術法の選択とその手術に最もふさわしい医師を選ぶことは、手術の結果に満足するための決定的に重要な要因になりますが、手術法の選択に当たっては、それを判断し決めていくには、広い医学的知識と形成美容外科学の専門性の高い知識が必要になります。またクリニック・医師の選択に当たっては、医師の正確な経歴や実績を知る情報網とそれを判断する力量が必要になります。
それらに加え、手術の前に医師にどの様に自分の希望を正確に伝え、手術を理解し納得して受けられるかかが重要な要因にもなります。

当科では、あなたに最も適切と思われる美容外科医を紹介し、受診の際にどのように話を進めていくのが良いかをアドバイスします。
術後のトラブルの多くが患者さんと医師のコミュニケーション不足に原因がありますので、それはとても大切なことです。

ちなみに私が考える良い美容外科医は次のようになります。
これらを念頭に、あなたの希望に応えられる適切な美容外科医を選んで推薦します。

良い美容外科医の条件とは何か?

良い美容外科医を選ぶ際の条件、注意点について、私の個人的見解は以下のようになります。

  1. 条件その1
    美容外科以外の外科系の訓練を受け、基本的な外科的・形成外科的な手技を身に着けていること。
    特に形成外科での実績・業績があるのが望ましい。
    (外科的な訓練を全く受けていない美容外科医も存在します。)
  2. 条件その2
    解剖学に関心があり、それに基づいた手術を考えるセンスのあること。
  3. 条件その3
    インフォームドコンセントに熱心であること。
    患者さんのためを思う気持ちが強ければ、説明を惜しむことはないと考えます。
  4. 条件その4
    医師の履歴に注意すること。
    学歴、職歴などの履歴はその医師の能力を示すに、当らずとも遠からずの関係があります。ヨーロッパではきちんとした経歴がないと開業はできませんが、日本ではその基準が緩い現状があります。
  5. 条件その5
    ○○専門医、元○○教授などの肩書や広告に惑わされないこと。
    そのような資格は必ずしも専門的な技量を保証するものではありません。また、華やかな広告だけに惹かれてしまうのも危険だと言えます。
  6. 条件その6
    結果に責任を持てる医師であること
    術前に説明した医師と手術を実際に行う医師が同一人物でないと、責任の所在があいまいになります。アルバイトの医師で結果がトラブルと辞めてしまい、クリニックはそれで責任を回避することもあります。
  7. 条件その7
    美容コンサルタントというようなブローカーと連携していないこと。
    コンサルタントは、患者さんの為というより自分の利の為に推薦しがちで、客観的に適した医師でない場合もありますし、そのような医師は利益に敏い傾向があります。
  8. 条件その8
    人格的に優れた医師であること。
    医師個人が人間学的な一般教養に興味をもつような知性と文化を持ち、人間の欲望、弱さ、悲しみなど人のこころに共感性のある人が望ましい。(EQの高い人)
    医療は優れて人間的な営みですから人格、品性も重要な要素になります。
今まで得てきた経験と実績・情報で、的確なアドバイスをいたします。
私は永年、大学医学部の形成外科医として、形成外科学界のトップランナーとして走り続けてきた中で得てきた経験と実績と、形成美容外科学会関係の人脈を通して得た情報から、「あなたの悩みを解決する最適な方法と、それを行う最良のクリニック・医師の選択」のアドバイスを行うことが出来ます。なお、私はすべての美容クリニック・美容外科医師とは交友関係はあっても、個人的な利害関係、利益相反は一切ありませんので、全く中立的な対場で、ベストアンサーをお出しすることができます。