クリニークデュボワの美容整心メンタル科は身体醜形障害、美容整形セカンドオピニオンなど外見・美容の悩みや生きる悩みなどにお応えする心療内科です。

クリニークデュボワの心療内科・美容精神科・形成外科
_美容整心メンタル研究室

レジリエンス心理学④

 

あなたのレジリエンス度は?

どうすればレジリエンスに影響を与えられるか?

ワーナーとスミスの研究によって、幼少期の環境が成人に達してもレジリエンスに影響を及ぼすことが明らかになった。何故これらの影響はそれほど長続きするのだろうか?それは,幼少期の環境が子供の思考体系や能力を形成しそれが大人になっても安定し残り続けるからだ。

前章で、いくつかの人格特性や思考、能力が人がレジリエントになる手引きをしていると述べた。またレジリエントな人は、自分の感情を察し調整でき、他者の感情の状態を察しできることを発見した。

貧困、離婚、精神障害を持つ両親などといった子供時代の環境要因はいずれも過去のことだし、そうした要因は変えられないが、思考は変えることが出来る。能力は高めることが出来る。レジリエンスの本質は、「感情調整力」、「衝動調整力」、「共感力」、「楽観力」、「原因分析力」、「自己効力感」、「リーチアウト力」の7つの能力で構成されている。

これらは測定することが出来るし、向上させることが出来る。

 

RQテストを受ける>

以下の56項目あるRQテストに回答してほしい。

1つの項目にいずれもあまり長い時間はかけず、全体で10分程度で完了した方がよい。

5つの尺度を用いて、各項目に自分がどれくらい当てはまっているかを評価してほしい。

 

 

RQテスト

次の各項目について、どの程度自分に当てはまるかを5段階で評価してみよう。

                                             

1=まったく当てはまらない

2=やや当てはまる

3=どちらかといえば当てはまる

4=たいてい当てはまる

5=とてもよく当てはまる

                                            

 

(  )1.問題を解決しようとするとき、本能を頼りに最初に思いついた方法を試してみる。

(  )2.上司、同僚、配偶者、子どもと議論しようとして前もって計画していても感情的になりがちだ。

(  )3.将来の健康が心配だ。

(  )4.目の前の仕事の邪魔になるようなことを遮断するのは得意だ。

(  )5.最初の方法がうまくいかなくても、効果的な方法が見つかるまで繰り返し違う方法を試し続けることができる。

(  )6.好奇心が強い。

(  )7.仕事に集中するのにポジティブな感情をうまく生かせない。

(  )8.新しいことに挑戦するのが好きなタイプだ。

(  )9.大変やりがいのある難しいことよりも、自信が持てるリラックスできることをやりたい。

(  )10.相手の顔色を見れば、その相手がどんな気持ちでいるかがわかる。

(  )11.ものごとがうまくいかないとき、諦めた方がよいと促されればその通りに受け入れる。

(  )12.問題が生じたとき、解決しようとする前に可能な解決方法をたくさん考え出す。

(  )13.逆境に襲われたとき、自分の感情をコントロールすることができる。

(  )14.他人からどう思われても自分の行動には影響しない。

(  )15.問題が発生したとき、最初に頭に浮かんだ解決方法を意識する。

(  )16.自分ひとりで責任を負っていない状況が最も心地よい。

(  )17.自分の能力に頼らなければならに状況より、他人の能力に頼れるような状況を好む。

(  )18.たとえ必ずしもそうでないとしても、自分で問題をコントロールできると信じていた方がよいと思う。

(  )19.問題が生じたとき、解決しようとする前に、まず原因を注意深く考える。

(  )20.職場や家庭での自分の問題解決能力に自信がない。

(  )21.自分でコントロールできない問題については考えないようにしている。

(  )22.変化のない単純なルーチンワークをこなすのが楽しい。

(  )23.自分の感情によって自制心を失う。

(  )24.他人の気持ちを理解するのは苦手だ。

(  )25.自分が考えていることと、それが自分の精神状態にどのように影響するのかを十分に自覚できている。

(  )26.誰かに心を乱されたとしても、落ち着いて議論できるようになるまで待つことができる。

(  )27.誰かが問題に対して激しく反発したとき、たいていはその人がその日たまたま機嫌が悪いのだろうと考えることができる。

(  )28.自分はたいていのことはうまくやれると思う。

(  )29.人はよく、問題を解決する手助けを私に求めてくる。

(  )30.人がなぜそのように反応するのか理解できずに途方に暮れる。

(  )31.自分の感情次第で、家庭や学校や職場でやるべきことに集中力が発揮できるかどうかが左右される。

(  )32.ハードワークはいつも報われる。

(  )33.仕事をやり終えたあと、ネガティブな評価を受けないだろうかと心配になる。

(  )34.誰かが悲しんだり、怒ったり、とまどっているとき、その相手が考えていることを思いやることができる。

(  )35.新しく挑戦することが好きではない。

(  )36.仕事や学業や金銭面において、前もって計画を立てない。

(  )37.同僚がうろたえていたら、それがなぜなのか察することができる。

(  )38.結果的にうまくいかなくなるとしても、前もって計画を立ててやるよりも自然発生的にものごとに取り組むのが好きだ。

(  )39.困難の多くは、自分がコントロールできない状況が原因となっていると思う。

(  )40.チャレンジすることは、自分にとっての学びであり、自分を高めることだと思う。

(  )41.できごとや状況を誤解していると言われてきた。

(  )42.誰かが私に対して怒っていたら、反応するよりもまずその人が何を言っているのかを聞く。

(  )43.自分の将来について考えろと言われたときに、成功している自分をイメージするのは難しい。

(  )44.問題が生じたとき、早とちりすると言われてきた。

(  )45.初対面の人に会うのは落ち着かない。

(  )46.本や映画に没頭して「我を失う」ことがよくある。

(  )47.「今日の一針、明日の一針」という古いことわざを信じている。

(  )48.多くの場合、問題の本当の原因を明らかにすることが得意だ。

(  )49.自分は対処能力が高く、ほとんどの困難にうまく対応できると信じている。

(  )50.私は、大切な人や親しい友人に、彼らのことを理解していないと言われる。

(  )51.定着したルーチンをこなすのが最高に心地よい。

(  )52.問題を完全に理解するのを断念してでも、できるだけ早く問題を解決するのが重要だと思う。

(  )53.困難な状況に直面しても、何とかうまくいくという自信がある。

(  )54.私は同僚や友人に、彼らの話を聞いていないと言われる。

(  )55.何かがほしいと思ったらすぐに買いに行く。

(  )56.同僚や家族と「ホット」な話題について議論するときに自分の感情を調整できる。

採点の評価と解説は次回に。